愛知ベース工業株式会社ではパネル操作による管理が可能な地盤改良の機械・沈下修正工事など最先端の技術でお客様の大事な土地の地盤環境調査、地質調査、地盤補強、地盤改良、鋼管杭工事などを行っております。土地という貴重な財産を有効に活用して、よりよい環境を次世代へと引き継ぎ、大地を永遠に有効利用し活かしていくことを理念にしています。


標準貫入試験

標準貫入試験とは

ボーリング試験では他のサウンディングとは違い、貫入試験と同時に土の採取ができ、必要に応じて採取した土で室内試験を実施することも可能となります。

●貫入試験ではN値(地盤の強度)の把握により支持層の確認・支持力計算を行う事ができる他、土質柱状図の作成を行います。

●サンプリングにより室内試験が可能となります。
一軸圧縮試験・三軸圧縮試験・圧密試験・液状化強度特性を求める試験などがあります。

地盤調査比較表

  スウェーデン式サウンディング試験 ラムサウンディング試験 標準貫入試験
概要 スクリューポイントを付けたロッドに順次おもりをかけて、100kgの荷重で回転させて、土の締まり具合等を判定する。 63.5kgのおもりを50cmの高さから落下させ、コーンを20cm貫入させる回数を測定する。 63.5±0.5kgのおもりを76±1cmの高さから落下させ、サンプラーを30cm貫入させる回数を測定する。(JIS A 1219「標準貫入試験方法」)
限度 N値<15〜20程度
深度≦10m程度
N値50の2、3m程度の層厚確認
深度20〜30m程度
支持力確認(N≧50が5m連続)も可能です。
土質 推定 推定 サンプラーにて採取可能
貫入力 低い(静的貫入試験) 高い(動的貫入試験) 高い(動的貫入試験)

Copyright © aichi-base. All Rights Reserved.

愛知ベース工業株式会社

本社:
〒444-3523
愛知県岡崎市藤川町
字北荒古15番1
TEL:0564-59-2338
FAX:0564-59-2358
aichi@aichi-base.co.jp
名古屋営業所:
〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅
2-35-22 メビウス名古屋ビル3F
TEL:052-485-8381
FAX:052-485-8387
東京営業所:
TEL:03-6427-5294
FAX:03-6427-5295

環境省指定調査機関 環2006-4-4